インラインスケートも復帰

13323781_1014609095275621_5005933188221279869_o.jpg

今月からインラインスケートも復帰してます。
新しい相棒はRazors。

US10/EU43を頼みましたが、アウターシェルが少々大きい。
もしかしたらUS11/EU44と共用なのかも。
つま先にかなり遊びがあります。甲高な形状もあって足は一切痛くならないのですが、少々中で動きます。

力が逃げてしまうので、インナーかインソールで調整したいところです。

1年8ヶ月ぶりのインラインスケート。
もちろん初歩からやり直しです。

しばらくパークでフェイキーとターン練習頑張ります。
楽しく上達することが一番なので!

ブログ再開します…..

3月です!ブログ再開することにしました。

まずは確定申告です。
領収書整理しました。….1/4程度ですが(笑)
今年もためちゃいましたがまだ初日ですから。

後10日ほどは長女の受験につき合うので時間はたっぷりあります。
まだ手も痛いし…..

とりあえず13日はどこかに走りに行きます。
多分パーク神戸になりそうですが….

抜釘手術

無事、チタンプレート抜いて来ました。
またまた全身麻酔だったので一泊入院です。
12744669_954161374653727_8827850799136496937_n.jpg

すっきりしましたが傷が痛いです。1621763_954704144599450_2447044896261829890_n

もう少し大きな物かと思ってましたが、こんな小さなプレートだったんですね。
来週、抜糸で治療終了です。

カニ鍋食べたいなぁ〜

カニすきも良いけど、関西人なのでカニちりがいいなぁ。
カニシーズンも残り少ないけど、もう一回くらいカニ鍋食べたいなぁ。

松葉ガニでなくていいんだけど…..

http://store.shopping.yahoo.co.jp/sankousui…/b3aab2c3b9.html

抜釘手術

骨折から一年と4ヶ月。
タイミングが合わずにズルズルと先送りになってましたが、プレートを抜く事にしました。
来週が手術です。

抜いたら抜いたでしばらくは骨が弱いそうなので、あんまりヤンチャしたらダメなんだそうです。
いつから遊ぶかは抜いてから考えます。

債務整理は簡単じゃない

某司法書士さんからホームページ更新のお仕事をいただいた。
既存のホームページのモバイル対応と相談者の体験談追加が主な依頼。

業務上のお約束でURLはご紹介出来ないのが残念。

事実は小説より奇なり

まさにそんな感じである。

内容的にはモバイル対応の方が大変だった。
なんせページ数が多い。

しかもCMSを利用していないので手作業でコンテンツを抜き出して行く。
抜き出せばCMSに移して、日付を調整し、体験談を追加するだけなのでどっちかというと体力仕事。

月末納期なのでペースを上げねば!

しかし、借金がらみの体験談は生々しくて読んでいて引き込まれる。
Googleで検索すると色々と出て来ますね。

反面教師として時には他人の失敗で自分を戒めるというのは良いかもしれません。

おススメ:任意整理の体験談

最後の教訓が染みます。

ゲームで視力は落ちる?

ニンテンドー3DS、スマートフォン…..子供達は大好きですが、眼に良く無いのでやらせたく無い。
それが親の本音ですが、ゲームをすると必ずしも眼が悪くなるわけではない。

友人の子供は両親がお店をしている。
子供達は親がいないのでゲーム三昧。
でも視力は二人とも2.0だという。

調べてみたところによると視力は遺伝する。
正しくいうと近視になりやすい眼の形が遺伝するらしい。
だから近視の子供が必ず近視になるかというとそうでもない。
実際には環境要因の方が大きいらしい。

だからこそ眼に悪いそうなゲームが親から敵視される。

専門家に言わせるとゲームはもちろん眼には良くない。
眼のピント調整機能がゲーム画面に固定されるため、緊張状態が続くためだという。
しかしこれはマンガを読んでいても同じ事らしい。

眼は遠くを見ている時に休まっていて、近くを見る時に緊張している。
つまり近くを見続ける事で眼のピント調整機能がおかしくなることが近視の環境要因。

よくゲームは30分までとか1時間までとかルールを敷いている家庭があるがそれでは不十分って事らしい。
ゲームをしてもいいけど、外で遊ぶなど遠くを見る要素を取り入れない意味がない。

ゲームの時間が終ったからテレビを見よう、マンガを読もうでは眼が休まる暇がないって事らしい。

子供の視力回復 視力とパソコン、ゲーム、スマホの関係

自動車保険を更新する

自動車保険の更新が来た。
3月に車両を入れ替えしましたが、更新月は7月なので案内が届いた訳です。

改めて思いましたが保険料安!
前者のラフェスタは200cc、現在のNoteは1500cc….そもそもの保険料が違うのです。
料率クラスっていう車とグレードで決まるそもそもの保険料が違うらしいです。

参考:自動車保険を節約 料率クラスとは?

車両保険の設定額は上がりましたが、それでもトータル2万円くらい安くなってます。
等級はMAXの20等級なので等級による保険料ダウンは一切無しです。

燃費も倍近く走るし、自動車税も1クラス下がったし、任意保険も安くなるし….とても経済的ですよ。
もう大きい車でなくてもいいかもと思ってしまいますね。積載能力も半分くらいになりましたが(笑)

何はともあれ2万円違うのは大きい。
ガソリン代入れたら年間10万円以上維持費が違うかも?

といいながらも大きな車の安心感と積載能力は魅力なのでまた道を踏み外す事もあるかもしれませんが…..

キッズBMX プッシュより大切な事!!

漕いだらダメ!

キッズに限らずBMXの基本はプッシュです。
英語ではPumpといいます。

ペダルを漕ぐのではなく荷重を加えて自転車を前に進めるテクニックです。

プッシュが大切なのはレースでもストリートでも同じです。スクールに入ると必ず言われる事です。

ダートやトレイルなどでは「漕ぐな」と厳しく我が子に始動するお父さんを良く見かけます。

私もBMXの基本を身につけた方がいいと、子供に漕いではダメとか漕がずに前に進む練習をさせて来ました。
これが間違っているとは思いませんが、やはり加減というのは大切だという事に最近気がつきました。

そもそも自転車は漕がないと前に進みません。
特にパワーの小さいキッズの場合は、完成度の低いプッシュより力一杯漕いだ方が進むのです。

漕ぐなと言われると自転車は前に進まなくなります。
技術は一朝一夕につくものではありません。
そんな事を繰り返していると結果的に自転車に乗る事が楽しく無くなるのです。

楽しくないと練習に行くのも気が向かなくなります。
やる気そのものをそいでしまう事にもなりかねません。

パーク練習で封印が解けた

パーク練習

きっかけはパーク練習です。
パークではとにかくセクションに登ってしまわないといけません。
頼りないプッシュで落ちて怪我するくらいなら漕いで登る方が安全です。

そこで「いくら漕いでもいい」と封印を解除したとたん、ダートだとテンションが上がらず休憩ばかりとっていた次女が楽しそうに乗り始めました。

漕いで前に進む、これこそ自転車の基本です。
もちろん、プッシュは大切です、最終的にはプッシュの技術がないと限界が来ます。

でもプッシュより大切な事もあるのだと気がつきました。
「自転車に乗りたい」「自転車は面白い」という気持ちです。

もちろんプッシュの技術無しではすぐに頭打ちが来るでしょう。
それはそれで良いと割り切る事にしました。

基礎や練習量は大切ですが、「やる気」「楽しい」という気持ちがあってこそです。
やる気なしに量だけ乗っても技術は身に付きません。

しばらく好きなように乗せる事にしました。
登れないセクション、飛び越せないテーブルトップ….それを攻略したいって思ったらその時にプッシュの勉強をすることにします。

ダートジャンプ練習

BMXに乗り始めて4ヶ月。
未だにジャンプが跳べません。

今回、初めて動画撮ってみました。
思っていたよりマシだったのでホッとしました。
しかし動画にして客観的に見ると修正すべき点がよく解りますね。

今日の反省:ボディアクションが小さい事とタイミングがイマイチの気がする…..

連休中、もう一回くらい行けると思うので楽しく頑張ります!