キッズBMX プッシュより大切な事!!

漕いだらダメ!

キッズに限らずBMXの基本はプッシュです。
英語ではPumpといいます。

ペダルを漕ぐのではなく荷重を加えて自転車を前に進めるテクニックです。

プッシュが大切なのはレースでもストリートでも同じです。スクールに入ると必ず言われる事です。

ダートやトレイルなどでは「漕ぐな」と厳しく我が子に始動するお父さんを良く見かけます。

私もBMXの基本を身につけた方がいいと、子供に漕いではダメとか漕がずに前に進む練習をさせて来ました。
これが間違っているとは思いませんが、やはり加減というのは大切だという事に最近気がつきました。

そもそも自転車は漕がないと前に進みません。
特にパワーの小さいキッズの場合は、完成度の低いプッシュより力一杯漕いだ方が進むのです。

漕ぐなと言われると自転車は前に進まなくなります。
技術は一朝一夕につくものではありません。
そんな事を繰り返していると結果的に自転車に乗る事が楽しく無くなるのです。

楽しくないと練習に行くのも気が向かなくなります。
やる気そのものをそいでしまう事にもなりかねません。

パーク練習で封印が解けた

パーク練習

きっかけはパーク練習です。
パークではとにかくセクションに登ってしまわないといけません。
頼りないプッシュで落ちて怪我するくらいなら漕いで登る方が安全です。

そこで「いくら漕いでもいい」と封印を解除したとたん、ダートだとテンションが上がらず休憩ばかりとっていた次女が楽しそうに乗り始めました。

漕いで前に進む、これこそ自転車の基本です。
もちろん、プッシュは大切です、最終的にはプッシュの技術がないと限界が来ます。

でもプッシュより大切な事もあるのだと気がつきました。
「自転車に乗りたい」「自転車は面白い」という気持ちです。

もちろんプッシュの技術無しではすぐに頭打ちが来るでしょう。
それはそれで良いと割り切る事にしました。

基礎や練習量は大切ですが、「やる気」「楽しい」という気持ちがあってこそです。
やる気なしに量だけ乗っても技術は身に付きません。

しばらく好きなように乗せる事にしました。
登れないセクション、飛び越せないテーブルトップ….それを攻略したいって思ったらその時にプッシュの勉強をすることにします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。